結婚式もプチプライスで!元スタッフが教える結婚式情報Webマガジン。ブライダルの節約を中心に、マルチな結婚情報をお届けします。

プチブラ

新郎の衣装 披露宴

新郎の衣装小物を結婚式場で買ってはいけないたった1つの理由

更新日:

タキシードを着た男性

ブライダル価格は定価以上?!

結婚式の衣装が高いとお悩みではないでしょうか。事実、ブライダル衣装は購入とレンタルの価格がほとんど変わりません。結婚式場にとって衣装は大きな利益なんです。

しかし、新婦の衣装レベルを落としてしまうと式全体の華やかさが失われてしまいます。新郎の衣装価格を安くすることで対応しなければいけません。

今回は新郎の衣装小物についてお話します。新郎は様々な小物を消耗品として購入しなければなりません。しかし、結婚式場で購入すると大損なんですよ。

SPONSORED LINK

新郎の衣装小物の種類

オシャレなポケットチーフ

まずはどんなものが必要な小物なのか知っておきましょう。

  1. 白のポケットチーフ
  2. グローブ
  3. サスペンダー
  4. アームバンド
  5. ウイングシャツ
  6. カフスボタン
  7. 靴下(衣装の色によって白・黒が変わります)

上記7種類が必須アイテムです。タイやスカーフは付属品以外のものはオプションとなり5,000~10,000円でのレンタルとなります。

結婚式場の衣装小物はハイレベル過ぎ?!

上記のアイテムを全て式場で用意してもらうと

20,000~30,000円

します。

理由は「良い品質」「レンタルではなく購入」の2点です。

ウイングシャツは生地が分厚く上品な質感。グローブも光沢のある高級品が用意されます。式場としてはクレームを言われたくないためです。結果、非常に高価になっています。

1回限りの使用なら通販でも十分

私はamazonで新郎セットを購入しました。カフスは父親からパールの物を借りました。

それぞれのアイテムをもっとも安い価格で買えば5,000円以下で揃えることも可能です。

各レビューでは、

  • ウイングシャツの生地が薄くてインナーが見える
  • チーフに染み

と言う悪い評判を見かけます。

私の使った印象として、

  • ウイングシャツは薄手の方が涼しくて良い
  • チーフは1度洗う

なので問題ありませんでした。結婚式の最中は会場内の空調と緊張から暑さがたまりませんでした。脇汗もかきます。どうせシャツはジャケットとベストで隠れてしまうため、薄手の方が良いと感じました。

※空調は女性のドレスに合わせた温度設定になるため、男性には暑く感じます。

自分たちのものでコストダウンをするのは素晴らしい

「結婚式のコストダウン」を嫌がる男性がいます。男性特有の「見え」と「人をもてなしたい気持ち」からです。

しかし、本当にゲストのことを考えるのなら自分たちのアイテムをコストダウンして、料理や引き出物のランクを上げるべきでしょう。新郎の衣装を通販で発注して持ち込みだけで15,000円~20,000円も安くなります。

15,000円あれば受付や余興をお願いした友人たちへプレゼントが購入できます。

代用品で問題ないアイテムは自分たちで用意するようにしましょう。

SPONSORED LINK

節約できるブライダルサイトランキング

 数あるブライダルサイトの中から

  • キャッシュバック率
  • 結婚関連の情報量
  • ブライダルサイトとしての伸び率

に注目してランキング付けしました。結婚式場選びにお悩みなら、以下のブライダルサイトが便利です。

マイナビウエディング

マイナビウエディング

最大35,000円のキャッシュバック+直前プラン、パッケージプラン等で節約結婚式を挙げられるブライダルサイト。関東限定と言うデメリットがありましたが、東海・関西・北海道でもオープンしました。今、伸びているブライダルサイトだからこそサービスも充実しています。

Hanayume

 最大33,000円のキャッシュバック。Hanayumeを経由した成約で結婚式の価格が最大50%OFFになるなど、大手ならではのサービス力が魅力。和装特集・マタニティウェディングなどニーズ別の特集も多く、あなたにピッタリな情報が見つかります。

楽天ウェディング

 楽天ウェディングで結婚指輪・新婚旅行も依頼すれば、50,000ポイント以上の楽天ポイントが貰えます。キャッシュバック率は他のブライダルサイトより上。ただし、全てを楽天で決める必要があるため『楽天のみ』にするかどうかが分かれ道。

おすすめ記事

1

「結婚式場をどうやって探そう・・・。そうだ!ブライダルサイトを使ってみよう!」 と思うまでは良いのですが、今度はブライダルサイトの数が多すぎてどこを利用すれば良いのか分からなくなりますよね。それぞれ独 ...

2

結婚式を挙げたいけどお金はあまり使いたくない。その気持ち分かります。結婚式の平均予算はおよそ300万。自己負担金は100万円です。100万円あれば生活資金の足しになります。 しかし、結婚式ほど金額の変 ...

3

ブライダルもプチプライスの時代に! 突然ですが、結婚式の費用に頭を抱えていないでしょうか。結婚後はお金が掛かります。引越し+新婚旅行だけでも100万円以上の出費になります。安心した新婚生活を送る為にも ...

4

いつもプチブラをご覧頂きありがとうございます。運営者で元ブライダルスタッフのRyoです。結婚が決まった親戚や友人から多く寄せられる相談として「結婚式場って決め手は何なの?」など、式場を選ぶポイントがあ ...

5

こんにちは!本当は結婚式なんてパーティ形式でやれば良いじゃん。と思っていた新郎です。 人生で一番無駄な出費は結婚式と言われているのをご存知ですか? とは言え、式場で勤めていたので結婚式の良さも凄く分か ...

6

「ご祝儀貰うくらいなら、結婚式も二次会みたいに会費制にしたら楽なのに・・・。」と思ったことありませんか? 自己負担金も少ないですし、ゲストの人もご祝儀みたいに大金を包まなくて済みます。まさにwin-w ...

-新郎の衣装, 披露宴

Copyright© プチブラ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.