最初に

結婚式60名の相場って?費用を300万円以下にする方法も紹介!

結婚式60名の相場

「結婚式60名の相場ってどのくらいなんだろう。費用を知りたい。」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば結婚式60名の相場と予算。節約方法がわかります

 

元ブライダルスタッフのRyotaです。結婚式60名は平均的な人数。会場も選びやすいですよ。

 

当記事の内容はこちら

  1. 結婚式60名の相場って?一般的な費用について
  2. 60名の結婚式を挙げる際の注意点
  3. 60名の結婚式でも予算300万円以下にする方法

 

相場はおよそ320~330万円です。

50名の結婚式が300万でして、そこから10名分の30万を足した形になります。

60名になると小規模の披露宴会場は選べません。専門式場など、会場が複数ある場所を調べましょう。

割引プランで結婚式場を直接予約できるHIMARIを使うと、60名200万円台の結婚式場が見つかります。

それぞれ詳しく解説しますね。

▼HIMARIについてはこちら▼

HIMARIがお得な理由
HIMARI(ヒマリ)でお得に結婚式場を予約できる理由『使い方』

続きを見る

スポンサーリンク

1.結婚式60名の相場って?一般的な費用について

結婚式60名の相場について

結婚式60名の相場について

およそ320万円ほどです。

ハナユメさんの調査もわかりやすいです。

【首都圏60名の場合】平均費用328万円-ご祝儀平均額210万円=118万円

引用 結婚式見積り相場と平均費用!絶対確認すべき16のポイント

ただし、この額はかなり少ないですね…。

50名でも320万ほどになりますし、ゲスト人数より『プラン内容』で価格がかわります。

一般的な費用:320~330万円ほど

結婚式は50名で300万円前後になります。

ゲストの人数で変わる価格

  • 料理、ドリンク
  • 引き出物、ペーパーアイテム
  • テーブル関係

後は会場の使用料くらいですね。ゲスト人数10名でドカンと予算は跳ね上がりません。

ドレスや余興の数を増やせば予算は上がる

高いのは新郎新婦の衣装関係、装花、外注した余興です。

新婦ちゃん
そうなんですね…。確かに衣装は高い。
ゲストのお金ってご祝儀でトントンですから。プラスアルファで予算が上がるんです。
Ryota

だから、ゲストの人数60名で『凄く高くなる』というイメージはやめましょう

逆にゲスト人数40名くらいでも自己負担額はあまり変わりませんね。

ゲスト人数70名になると会場がさらに大規模。その関係で価格が上がりやすいです。

50名300万から1人3万で増減すると計算しやすい

50名300万から1人3万で想像しよう

50名300万から1人3万で想像しよう

結婚式はゲスト1人辺りおよそ2万5,000~3万円の費用がかかります。

※料理のプランなどでゲスト単価は上がっていきます。

だから、50名で300万。そこから1人3万円の計算で価格を増やしていきましょう。

  • 50名/300万
  • 60名/330万
  • 65名/345万

ざっくりですが、計算しやすいですよね。

60名の自己負担金はおよそ120万円です。これもプランによって価格が変わります。

110~120万の間と考えれば用意する金額もわかりやすいです。

次に60名の結婚式の注意点をお話していきますね。

2.60名の結婚式を挙げる際の注意点

60名の結婚式を挙げる際の注意点

60名の結婚式を挙げる際の注意点

以下の3つです。

  1. 小規模の披露宴会場は使えない
  2. 自己負担額が100万を超えてくる
  3. 持ち込み品の準備が大変

私も実際に60名規模の結婚式に参加しています。その経験からのお話になりますね。

新婦ちゃん
でも、一般的な人数なんですよね?
そうですね。多くの結婚式場は対応できますよ。その点はご安心ください。
Ryota

特に専門式場ゲストハウスでは不安がないです。

① 小規模の披露宴会場は使えない

レストランウエディングや、小型の結婚式場ですね。

ポイント

  • 60名だと新郎新婦のとおり道がなくなる
  • 料理などのキャパ的に対応できない

披露宴会場ごとに限界の人数って決まってます。

40名推奨の披露宴会場なら、50名までが限界。60名だと『テーブルが置けない』んですよ。

新婦ちゃん
余興のスペースとかもなくなりそうですね…。
そうなんです。転倒の危険も出てくるので会場を変えた方がいいですよ。
Ryota

私も50名推奨の会場に60名以上が参加した結婚式にゲストとして招かれました。

ゲストが椅子を下げる幅もないほど…。カメラマンさんも撮影が大変そうでした。

トイレに行くのも道を考えないと通れないレベルでしたよ。ご参考まで。

② 自己負担額が100万を超えてくる

自己負担額が上がる

自己負担額が上がる

普通に結婚式場を予約すれば自己負担額が120万ほどになります。

新婦ちゃん
100万超えちゃうってつらいですね…。
そうなんです。金銭感覚麻痺しますが、20万増額って大きいですよ。
Ryota

特に『費用先払い』の結婚式場で大変になります。

300万のキャッシュを用意するのも大変なのに、330万になっちゃいますからね。

色々とオプションをつけてたら350万…。これをご祝儀なしで用意しないといけません。

せめて、当日払いか後払いの結婚式場を選びましょう

支払い方法については以下のインスタ投稿が参考になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

「結婚式って、支払いのタイミングがいくつかあるけど、どれがいいの?😔」 そんな疑問にお答えします。 前払い、当日払い、後日払いの3パターンがあります。 前払いだとご祝儀が使えません。全額事前に用意しないとですよね😨 当日払いは時間がかかって大変…。 安心なのは後日払いです。 特に前払いの時はまとまった資金が必要。 お金がないなら、事前に割引プランや自己負担の少ない金額で調べて予約できるHIMARIが便利ですよ😃 調べるだけならタダですし、使ってくださいね。 HIMARIの使い方を画像つきで見たいなら、プロフィールからブログでどうぞ☺️ @ryota_bridal

Ryota@新婚や結婚式に役立つ情報をお届け中!(@ryota_bridal)がシェアした投稿 -

③ 持ち込み品の準備が大変

引き出物やペーパーアイテム類ですね。

新婦ちゃん
手間が増えちゃいますもんね…。
そうなんです。10名分追加って大変なんですよ。
Ryota

特にペーパーアイテムをDIYする場合ですね。

シーリングワックスなどでオシャレなものを作る場合、単価も上がってきます。逆にゲスト単価の上がる可能性もありますよ。

最近は引き出物などほぼ外注でお願いする方法も登場してます。(しかも安い)

賢くサービスを選びましょう。

▼引き出物を簡単発注+安くする方法▼

関連記事
引き出物を宅配するおすすめサービス
引き出物を宅配するおすすめサービスと節約金額・メリットを紹介

続きを見る

3.60名の結婚式でも予算300万円以下にする方法

60名の結婚式でも予算300万円以下にする方法

60名の結婚式でも予算300万円以下にする方法

割引プランを使うことです。HIMARIだと簡単にゲスト人数+自己負担金で検索できますよ。

新婦ちゃん
そんなに安くなるんです?
私が調べたところ、最低限のプランなら183万円とかありましたからね。60名で…。
Ryota

ただし、『結婚式場に余裕があるシーズン』『半年以内に結婚式』など理由はあります。

方法:HIMARIを使って人数と自己負担金で検索する

HIMARIのサービス内容について

HIMARIのサービス内容について

ゲスト人数を入れつつ検索できちゃうんですよね。

しかも、ゲスト人数で各金額がどのように増減するかわかります

ポイント

  • ゲスト人数で検索できる
  • 自己負担金で検索できる
  • 今、この場で仮予約できる

だから、自己負担の少ない結婚式場を仮予約。

ブライダルフェアに参加してみて、試しにどういう結婚式になるのかを調べることができます。

ゲストは60名だけど節約したい…。というあなたはHIMARIを使ってみてくださいね。

▼HIMARIの使い方はこちら▼

関連記事
HIMARIがお得な理由
HIMARI(ヒマリ)でお得に結婚式場を予約できる理由『使い方』

続きを見る

まとめ:60名の結婚式は賢く節約しましょう

結婚式60名の相場は320~330万円。自己負担金は120万円ほどです。

後はプランの内容により増減します。

小さな披露宴会場だとスペースが狭くなってやりたいことができません。ゲストハウスや専門式場を選びましょう。

HIMARIを使えば自己負担金の少ないプランで予約ができます。試しに調べてみましょう。

 

以上、『結婚式60名の相場って?費用を300万円以下にする方法も紹介!』という記事でした。

関連記事
HIMARIがお得な理由
HIMARI(ヒマリ)でお得に結婚式場を予約できる理由『使い方』

続きを見る

関連記事
引き出物を宅配するおすすめサービス
引き出物を宅配するおすすめサービスと節約金額・メリットを紹介

続きを見る

スポンサーリンク

先輩花嫁に選ばれているブライダルサイト

豊富な知識と『特典・限定割引・人気度』に注目。

ブライダルサイトはたくさんありますが、ここはチェックすべき!というサイトをまとめました。

悩んだらこちらのブライダルサイトから予約しましょう。それだけでお得になります。

Hanayume(ハナユメ)

ハナユメにしか掲載されていない『ハナユメ割』は要チェック!
その結婚式場の余裕ある時期に結婚式を挙げることで100万円お得になることもあります。

ハナユメデスクの選任アドバイザーさんは結婚式場の見学もしています。豊富な知識量で、どういう質問をしても大丈夫。

パパママ婚・マタニティ婚についても自信を持ってオススメできる結婚式場を紹介してくれます。

マイナビウエディング

マイナビウエディング

業界最大級のキャッシュバック+直前プラン、パッケージプラン等で節約結婚式を挙げられるブライダルサイト。

関東限定と言うデメリットがありましたが、東海・関西・北海道でもオープンしました。今、伸びているブライダルサイトだからこそサービスも充実しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

元ブライダルカメラマン。現マーケティング業。豊富なブライダル関係の知識を活かして結婚式を節約する方法をご紹介しています。私も100万円安く結婚式を挙げています。『元スタッフ』だから伝えられるアレコレを紹介。 ⇒ 詳しいプロフィール

-最初に

Copyright© プチブライダル , 2020 All Rights Reserved.

えっ?!特典がこんなにあるの?!
結婚式場探しランキングベスト5
えっ?!特典がこんなにあるの?!
結婚式場探しランキングベスト5