結婚式もプチプライスで!元スタッフが教える結婚式情報Webマガジン。ブライダルの節約を中心に、マルチな結婚情報をお届けします。

プチブラ

挙式費用の相場

結婚式の人数を増やすほど赤字になるパターンと黒字に近づける改善策

更新日:

「結婚式はゲストをたくさん呼べば黒字になるよね。」

「結婚式を赤字にしない方法ってあるの?」

とお悩みでは無いでしょうか。

 

元ブライダルカメラマンのRyoです。

結婚式の平均自己負担額は100万円です。しかし、上手に費用を割り振ることで赤字を減らして黒字に近づけることができます。

費用の割り振りを間違えると『ゲストの人数』が増えるたびに自己負担金が増えて赤字になってしまいます。

今回は結婚式の人数を増やすと赤字になる費用パターンと、黒字に近づける改善策をお話します。

結婚式の費用でお悩みならどうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.結婚式の一人単価が平均ご祝儀よりマイナス

結婚式の費用には、

●ゲストの人数で金額が上がるもの

●ゲストの人数で金額の上がらないもの

があります。

例えば、料理・引き出物は各ゲストに必要なサービスです。ゲストを呼べば当然追加しなければいけません。

一方で新郎新婦の衣装、キャンドルサービスなどの余興はゲストの人数が増えても金額が上がりません。

各ゲストに必要なサービスの質を上げることでゲスト単価が上がってしまうのです。

ゲスト単価が平均ご祝儀額より高ければゲストを呼べば呼ぶほど赤字になります。

①結婚式の平均ご祝儀について

ご祝儀は一人当たりおよそ30,000円と言われていますが、これは間違いです。

ご祝儀の額は昔に比べて減っています。特に上司や会社の役職社員のご祝儀額が減っています。

社長クラスのご祝儀は100,000円でしたが、現在は50,000円が増えています。

社長が50,000円だと他の役職社員は社長の顔を立てるためご祝儀を減らします。

ご祝儀は一人当たり25,000円計算で考えると結婚式費用を抑えられます。

 

ご祝儀に関する内容も別記事で詳しく解説しています。

関連記事 ご祝儀って一人3万円計算しても大丈夫なの?皆、どのくらい包んでくれるの?

ご祝儀って一人3万円計算しても大丈夫なの?皆、どのくらい包んでくれるの?

結婚式でご祝儀をあてにする気持ち、分かります。結婚式場もご祝儀あっての見積もりを考えて来ますから、ご祝儀が無いと恐ろしい額を払うことになるためです。 でも、全員が3万円包んでくれる訳ではありません。 ...

続きを見る

②結婚式の平均赤字について

都道府県により違いがありますが、結婚式の平均価格は300~350万円です。

結婚式の派手な東海地方は350万円近くと高額です。

ご祝儀を引いた平均的な負担金は100万円。会場規模や結婚式場の形式によって赤字は変わります。ゲストハウスの場合、150万円以上の負担になることもあります。

50名のゲストを呼んだ場合、ご祝儀が3万円としても150万円にしかなりません。

お色直しなど、あなたたちが使うお金が増えれば増えるほど赤字も増えていきます。

2.結婚式の値段を上げるサービスの質が高い

ゲストの人数によって金額が上がるサービスは1,000円増額でも大きな負担になります。

ゲスト人数50人で1,000円増額なら50,000円のプラス。大きいです。

まず結婚式費用の見直しで確認して欲しいのが、

 

  • 料理
  • 引き出物

 

の2つ。

金額が大きいだけでなく、全てのゲストに関係性があるためです。

次に考えて欲しいのが、

  • テーブルクロス
  • 卓上花
  • 会場の規模

の3点。

また、結婚式の人数が増えるほど追加料金の発生するサービスがあります。

 

  • テーブルクロス
  • 卓上花
  • 会場費用

の3点です。

テーブルが増えれば、テーブルの飾り付けが必要です。テーブルが1台増えればおよそプラス10,000円になります。

結婚式の人数が70名を超えると大きな披露宴会場が必要になります。

私が挙式した結婚式場では、

  • 60名までの披露宴会場 68,000円
  • 70名以上の披露宴会場 168,000円

でした。

3.結婚式を黒字に近づける改善法

赤字になるパターンが、

  1. ゲスト一人当たりの単価が高い
  2. 人数が多いため、会場費用などが上がっている

の2点なので、これを改善することが結婚式の黒字化につながります。

①引き出物を通販にする

結婚式場で引き出物を頼むより、通販サイトで頼んだ方が3割安くなります。

10~20万の節約になるため、結婚式場に持ち込み可か交渉しましょう。

 

関連記事 引き出物を通販発注にする5つのメリット+節約金額

引き出物を通販発注にする5つのメリット+節約金額

引き出物も持ち帰らない時代に 電車で結婚式後の若者たちを見かけますよね。「あれっ?何か足りないぞ。」と思われませんでしたか。 そう、引き出物を持っていないんです。 ここ数年で引き出物を発注にする人は増 ...

続きを見る

②新郎新婦ゲスト共有のテーブルを作る

テーブルが増えればテーブルクロス+生花の料金が必要です。

会場規模も上げなければいけません。

新郎新婦ゲスト共有のテーブルを作ることで、テーブル数をおさえることが可能です。

四角形のテーブルでも席数を増やせます。

会場規模を固定して、その中にゲストの席を配置できないか考えましょう。

③季節の花を使おう

季節のものは仕入れが簡単なため単価が下がります。

料理+花は季節のものを使いましょう。花もバラにそっくりだけど単価が低いものがあります。

種類にこだわりが無ければゲスト単価を下げることが可能です。

 

関連記事 結婚式の装花を花の種類で安くする3つの選び方

結婚式の装花を花の種類で安くする3つの選び方

花は季節で選べ! 結婚式で金額がポンっと上がってしまうのが「花」。 花の数で金額が跳ね上がるのはもちろんですが、花の種類によって料金が追加される可能性があります。そこで、結婚式の装花を花の種類で金額を ...

続きを見る

④ブライダルフェアで特典を貰おう

ブライダルサイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで結婚式費用は安くなります。

さらに、ギフトカードなどの貰えます。

ブライダルフェアでギフトカードを5万円分貰えば、余興のお礼や受付のお礼に使えます。

特典は貰うだけお得。時間が許す限りブライダルフェアに参加しましょう。

 

特典の多いブライダルサイトをこちらの記事で特集しています。

特集 結婚式場選びで10万お得?!特典の多いブライダルサイトベスト3

結婚式場選びで10万お得?!特典の多いブライダルサイトベスト3

結婚式を挙げたいけどお金はあまり使いたくない。その気持ち分かります。結婚式の平均予算はおよそ300万。自己負担金は100万円です。100万円あれば生活資金の足しになります。 しかし、結婚式ほど金額の変 ...

続きを見る

⑤ゲスト単価を目安にして予算を決める

結婚式の費用は人数により変動します。

ゲスト50名の結婚式よりゲスト30名の結婚式の方が安いに決まっています。なので、総額で結婚式の良さを判断するのは間違いです。

あなたの結婚式のゲスト単価が30,000円前後であれば、一般的な結婚式と言えます。ゲスト単価が35,000円を超えるようなら、サービスの質が高い結婚式と言えます。

予算をゲスト単価から考えましょう。必ず300万円にする必要はありません。

 

全てを節約にしてはいけない

ゲスト単価を気にするあまり、料理や消耗品の質を下げすぎてはいけません。ゲストの満足度が下がるためです。

ゲスト単価はサービスの質を見抜くものです。もし、20,000円前後と言う単価になっているのなら値段を上げた方が良いでしょう。

特に30代以降の方は要注意です。結婚式はその後の世間体・社会的な立場にも関わってきます。

まとめ

結婚式に誰を呼ぶか、を悩まなければ行けない理由がゲスト単価から分かります。結婚式の人数を増やせば増やすほど赤字になる率が高いためです。

当ブログでは節約を勧めているものの、全てを手作りにするのも大変です。

呼ぶ人数が決まっている結婚式場のパッケージプランを利用するのも良いでしょう。最初から割引されているため、サービスの質を落とさずにゲスト単価を下げることが可能です。

ゲストが満足し、あなたたちの負担も少ない、誰もがハッピーな結婚式を目指しましょう。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

節約できるブライダルサイトランキング

 数あるブライダルサイトの中から

  • キャッシュバック率
  • 結婚関連の情報量
  • ブライダルサイトとしての伸び率

に注目してランキング付けしました。結婚式場選びにお悩みなら、以下のブライダルサイトが便利です。

マイナビウエディング

マイナビウエディング

最大35,000円のキャッシュバック+直前プラン、パッケージプラン等で節約結婚式を挙げられるブライダルサイト。関東限定と言うデメリットがありましたが、東海・関西・北海道でもオープンしました。今、伸びているブライダルサイトだからこそサービスも充実しています。

Hanayume

 最大33,000円のキャッシュバック。Hanayumeを経由した成約で結婚式の価格が最大50%OFFになるなど、大手ならではのサービス力が魅力。和装特集・マタニティウェディングなどニーズ別の特集も多く、あなたにピッタリな情報が見つかります。

楽天ウェディング

 楽天ウェディングで結婚指輪・新婚旅行も依頼すれば、50,000ポイント以上の楽天ポイントが貰えます。キャッシュバック率は他のブライダルサイトより上。ただし、全てを楽天で決める必要があるため『楽天のみ』にするかどうかが分かれ道。

おすすめ記事

1

「結婚式場をどうやって探そう・・・。そうだ!ブライダルサイトを使ってみよう!」 と思うまでは良いのですが、今度はブライダルサイトの数が多すぎてどこを利用すれば良いのか分からなくなりますよね。それぞれ独 ...

2

結婚式を挙げたいけどお金はあまり使いたくない。その気持ち分かります。結婚式の平均予算はおよそ300万。自己負担金は100万円です。100万円あれば生活資金の足しになります。 しかし、結婚式ほど金額の変 ...

3

    「結婚式に300万円もお金を使えない。」 「できるだけ安くて良い結婚式を挙げる方法って無いの?」 そんなあなたのお悩みを解決します。 当記事では結婚式を100万円以上節約す ...

4

いつもプチブラをご覧頂きありがとうございます。運営者で元ブライダルスタッフのRyoです。結婚が決まった親戚や友人から多く寄せられる相談として「結婚式場って決め手は何なの?」など、式場を選ぶポイントがあ ...

5

こんにちは!本当は結婚式なんてパーティ形式でやれば良いじゃん。と思っていた新郎です。 人生で一番無駄な出費は結婚式と言われているのをご存知ですか? とは言え、式場で勤めていたので結婚式の良さも凄く分か ...

6

「ご祝儀貰うくらいなら、結婚式も二次会みたいに会費制にしたら楽なのに・・・。」と思ったことありませんか? 自己負担金も少ないですし、ゲストの人もご祝儀みたいに大金を包まなくて済みます。まさにwin-w ...

-挙式費用の相場

Copyright© プチブラ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.