写真 披露宴準備

結婚式カメラマンの料金・相場を元プロが解説『お得にするならこれ』

結婚式カメラマンの料金・相場

「結婚式カメラマンの料金・相場っていくらぐらいなんだろう。何かメチャクチャ高く感じるんだけど、こんなものなの?安くする方法を知りたい。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば結婚式カメラマンの料金・相場がわかります。

 

元ブライダルカメラマンのRyotaです。私自身、カメラマンの価格が『ちょっとぼったくりだな…。』と感じてました。特にアルバムが高いです。

 

当記事の内容はこちら

  1. 結婚式カメラマンの料金・相場について3種類から解説
  2. 結婚式のカメラマン料金を安くするポイント

 

以下が相場です。

  • 結婚式場専属カメラマン → 10~18万円
  • フリーランスカメラマン → 5~10万円
  • 友人に頼む → 2万円(お礼)

高いですよね…。安心なのは結婚式場専属カメラマン。そこの式場に慣れてます。

データをもらうプランにして印刷とアルバム作成を個人で行いましょう。それが1番お得です。

それぞれ解説しますね。

スポンサーリンク

1.結婚式カメラマンの料金・相場について3種類から解説

結婚式カメラマンの料金・相場について

結婚式カメラマンの料金・相場について

どこにお願いするかで料金が変わります。定番が以下の3つ。

  1. 結婚式場専属カメラマン
  2. フリーランスカメラマン
  3. 友人に頼む

私は全て経験しました。そこからお話してきます。

① 結婚式場専属カメラマン

式場専属カメラマン

式場専属カメラマン

料金・相場 10~18万円

プランについて

  • 挙式のみ
  • 挙式+披露宴
  • 挙式+披露宴 データ付き
  • アルバム作成・集合写真の焼き増し

挙式のみでもおよそ10万円。挙式+披露宴データ付きだと16万円になります。

集合写真の焼き増しが1枚5,000円ほど。アルバムが1冊作成2万~です。

※式場によって価格が違う点はご了承ください。私の式場は上記のとおりでした。

新婦ちゃん
10万円超えてきちゃうんですね…。
そうなんです。どのみち写真加工がありますし、機材費・人件費がありますからね。
Ryota

結婚式場専属カメラマンに頼むメリット

  • 式場のどこで撮影すればキレイになるか知っている
  • 式場の状態により撮影数字がマニュアル化されている
  • どこから新郎新婦が入退場するかわかる
  • スタッフとの連携が取れる

いい写真撮影になるのは間違いありません

② フリーランスカメラマン

フリーランスカメラマン

フリーランスカメラマン

料金・相場 5~10万円

プランについて

  • 基本的に挙式~披露宴まで
  • 集合写真撮影は要相談
  • アルバム作成は請け負っていないことがある

人により価格がマチマチです。近場のフリーランスなら3万円で引き受けてくれることも。

新婦ちゃん
挙式と披露宴で3時間だから…時給1万円?!
実際は事前準備や写真加工もありますからね。格安ですよ。
Ryota

安心して撮影したいなら10万ほど必要です。それでも挙式+披露宴でデータ付きなら結婚式場の専属カメラマンより格安

ただし『その式場に慣れていない』です。大事な場面で失敗するリスクがあります。

カメラマンの持ち込み不可な式場もあります。

フリーランスカメラマンに頼むメリット

  • 価格が安い
  • 注文に答えてもらいやすい
  • 人を選べる

信用できる人がいるならメリットがあります。レストランウェディングなど、オリジナルな結婚式だと使いやすいですね。

フリーランスカメラマンは『クラウドワークスなどのクラウドソーシング』や『ココナラ』で見つかりますよ。

③ 友人に頼む

友達にカメラマンを頼む

友達にカメラマンを頼む

料金・相場 2万円

特にプランとかはないです。

一眼レフを持っていて写真撮影が得意な友人にお願いするだけ。ただデメリットが多いです…。

注意ポイント

  • その友人が結婚式を楽しめない
  • 挙式中は自由に行動・撮影できない
  • 写真加工まではお願いできない
  • クオリティが低い

どうしても友人にお願いするならウェディングプランナーさんに『当日の進行表をコピーしてください』と言いましょう。

新婦ちゃん
進行表?そういうのが作られているんです?
そうです。時間管理から注意事項まで網羅されてます。
Ryota

これがないと、誰が何を話すとか次に何が始まるかもわかりません。どこから登場するかわからないと撮影もできません。

次に気になるカメラマン料金の節約ポイントをお話します。

2.結婚式のカメラマン料金を安くするポイント

結婚式のカメラマン料金を安くするポイント

結婚式のカメラマン料金を安くするポイント

データだけ貰うことです。

ポイント:印刷関係を自分で行う

実は印刷って業者に外注できるんです。結婚式場でお願いすることはありません。

ポイント

  • フォトアルバムサービスを使う
  • 自分でアルバムを『テンプレートを利用』して作成
  • 発注する

結婚式場のアルバムと違ってデザインも豊富。キャンバスに印刷して壁に飾ることだってできます。

結婚式場の写真は加工・印刷代が高い

印刷代で利益を稼ごうとしてます。なのでデータを渡す場合に『高額』になるんです。

新婦ちゃん
はー、なるほど。確かにデータがバカ高いですね。
データあればドラッグストアでも印刷できちゃいますからね。
Ryota

ちなみに集合写真はデータがもらえません。焼き増しすると1枚5,000円とかで高額。スキャンして印刷しましょう。

おすすめのフォトアルバムサービス

  • マイブック | なんと5,000円以下でも作れちゃう定番フォトアルバムサービス
  • おまかせマイブック | 写真のデータを送れば加工+デザインもしてくれるサービス。時間のないあなたに。

特に『マイブック』ですよね。

データさえあれば5,000円で普通のアルバムが作れちゃいます。ちなみに新婚旅行の写真と組み合わせることもできます。これは結婚式場じゃできません。

まとめ:結婚式のカメラマン料金の相場は10万ほどです

結婚式場のカメラマン料金の相場はこちら。

  • 結婚式場専属カメラマン → 10~18万円
  • フリーランスカメラマン → 5~10万円
  • 友人に頼む → 2万円(お礼)

安いから友人やフリーランスにお願いすると台無しになる可能性があります。

ここは結婚式場専属カメラマンにお願いするべき。ただ、データだけもらって印刷を自分たちで外注しましょう。それで格安になりますよ。

 

以上、『結婚式カメラマンの料金・相場を元プロが解説『お得にするならこれ』』という記事でした。

 

誰でも簡単に結婚式を節約する方法はこちらです。

関連記事 結婚式の節約ポイントが丸分かり!元スタッフが教える8項目

 

人気記事 結婚式場探しランキングベスト5/特典の多いブライダルサイト

スポンサーリンク

先輩花嫁に選ばれているブライダルサイト

豊富な知識と『特典・限定割引・人気度』に注目。

ブライダルサイトはたくさんありますが、ここはチェックすべき!というサイトをまとめました。

悩んだらこちらのブライダルサイトから予約しましょう。それだけでお得になります。

Hanayume(ハナユメ)

ハナユメにしか掲載されていない『ハナユメ割』は要チェック!
その結婚式場の余裕ある時期に結婚式を挙げることで100万円お得になることもあります。

ハナユメデスクの選任アドバイザーさんは結婚式場の見学もしています。豊富な知識量で、どういう質問をしても大丈夫。

パパママ婚・マタニティ婚についても自信を持ってオススメできる結婚式場を紹介してくれます。

マイナビウエディング

マイナビウエディング

業界最大級のキャッシュバック+直前プラン、パッケージプラン等で節約結婚式を挙げられるブライダルサイト。

関東限定と言うデメリットがありましたが、東海・関西・北海道でもオープンしました。今、伸びているブライダルサイトだからこそサービスも充実しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

元ブライダルカメラマン。現マーケティング業。豊富なブライダル関係の知識を活かして結婚式を節約する方法をご紹介しています。私も100万円安く結婚式を挙げています。『元スタッフ』だから伝えられるアレコレを紹介。 ⇒ 詳しいプロフィール

-写真, 披露宴準備
-

Copyright© プチブライダル , 2020 All Rights Reserved.

えっ?!特典がこんなにあるの?!
結婚式場探しランキングベスト5
えっ?!特典がこんなにあるの?!
結婚式場探しランキングベスト5