結婚式もプチプライスで!元スタッフが教える結婚式情報Webマガジン。ブライダルの節約を中心に、マルチな結婚情報をお届けします。

プチブラ

写真 披露宴

【カメラマンが教える】結婚式の写真代をお得にする3つの方法

更新日:

パーティで撮影する女性

結婚式のフォトサービスを使い切る裏技

挙式+披露宴のフォトサービスって高いですよね。ブライダルカメラマンをしていた私自身がそう思います。集合写真とアルバム製作を付ければ15万円。前撮りと合わせて25万円の出費になります。

思い出とは言え写真に25万円を出すメリットは無いと思います。結婚式場のカメラマンはアマチュアレベルのバイトである可能性があるためです。

そこで、結婚式のフォトサービスを有効活用することにより10万円以上節約できる方法を3つご紹介します。

SPONSORED LINK

1.ポージング写真は当日に撮影させる

ロケーション撮影中の新郎新婦

カメラマンとの打ち合わせでは「こんな写真を撮って欲しいという希望はありますか?」と聞かれます。ほとんどの方が細かな希望を伝えて居ないのではないでしょうか。事実、私も新郎新婦から「お任せ」と言われることがほとんどでした。

実は本当に細かく指定できるんです。

  • ゲスト全員を一枚ずつ撮影したの写真
  • 前撮りのようなポージング写真
  • 指輪を強調した幸せそうな一枚

のような感じです。

実は前撮りっぽく撮影することもできます。もちろん時間と機材が限られますので、それなりのレベルです。しかし、前撮りのロケーション撮影ならスナップ写真と撮影方法って同じなんですよね。

前撮りに興味が無いのなら当日に2人のポージング写真を撮ってもらいましょう。これだけで10万円節約できます。

2.アルバム製作は改めて業者発注する

フォトアルバム

フォトアルバムを結婚式場で依頼するメリットはありません。理由は、結婚式後に業者発注した方が値段が安くクオリティが同じだからです。

フォトアルバムは結婚式の写真データが素材になります。素材がしっかりしていれば、アルバムは型に流し込むだけで作れてしまうのです。結婚式場では定価作成になるためアルバム1枚で3~5万円になります。

インターネットから業者発注で作成する場合、1万円しかかかりません。しかも、自分で使う写真を選ぶことができます。

3.披露宴の撮影を断る

フォトサービスにも挙式のみか挙式+披露宴のどちらかを選択できます。挙式のみでは挙式後のガーデンフラワーシャワー時間の撮影までを含み、披露宴込みに対してほぼ半額になります。

挙式中はゲストの移動と写真撮影が制限されるため、カメラマンに撮影をお願いするしかありません。しかし、披露宴は自由に移動し撮影することができます。友人や外部のカメラマンに撮影委託することで価格を抑えることができます。

披露宴は必ず友人たちがたくさんの写真を撮影します。それを集めるだけでも十分な思い出になりますよ。

まとめ

私は100組以上のカップルの写真を撮影してきました。

挙式のみの撮影依頼と、当日のポージング撮影依頼は多いんですよ。やっぱり写真だけで20万円以上かかるのは高いですよね。

皆さんも結婚式価格が当たり前と思わないで下さい。カメラマンに「価格を抑えたいんですが・・・」と相談するのも有りです。カメラマンはウェディングプランナーに比べて職人気質な人が多いですから。売り上げも大切ですが、良い写真を撮影することに熱心になってくれますよ。

SPONSORED LINK

節約できるブライダルサイトランキング

 数あるブライダルサイトの中から

  • キャッシュバック率
  • 結婚関連の情報量
  • ブライダルサイトとしての伸び率

に注目してランキング付けしました。結婚式場選びにお悩みなら、以下のブライダルサイトが便利です。

マイナビウエディング

マイナビウエディング

最大35,000円のキャッシュバック+直前プラン、パッケージプラン等で節約結婚式を挙げられるブライダルサイト。関東限定と言うデメリットがありましたが、東海・関西・北海道でもオープンしました。今、伸びているブライダルサイトだからこそサービスも充実しています。

Hanayume

 最大33,000円のキャッシュバック。Hanayumeを経由した成約で結婚式の価格が最大50%OFFになるなど、大手ならではのサービス力が魅力。和装特集・マタニティウェディングなどニーズ別の特集も多く、あなたにピッタリな情報が見つかります。

楽天ウェディング

 楽天ウェディングで結婚指輪・新婚旅行も依頼すれば、50,000ポイント以上の楽天ポイントが貰えます。キャッシュバック率は他のブライダルサイトより上。ただし、全てを楽天で決める必要があるため『楽天のみ』にするかどうかが分かれ道。

おすすめ記事

1

「結婚式場をどうやって探そう・・・。そうだ!ブライダルサイトを使ってみよう!」 と思うまでは良いのですが、今度はブライダルサイトの数が多すぎてどこを利用すれば良いのか分からなくなりますよね。それぞれ独 ...

2

結婚式を挙げたいけどお金はあまり使いたくない。その気持ち分かります。結婚式の平均予算はおよそ300万。自己負担金は100万円です。100万円あれば生活資金の足しになります。 しかし、結婚式ほど金額の変 ...

3

ブライダルもプチプライスの時代に! 突然ですが、結婚式の費用に頭を抱えていないでしょうか。結婚後はお金が掛かります。引越し+新婚旅行だけでも100万円以上の出費になります。安心した新婚生活を送る為にも ...

4

いつもプチブラをご覧頂きありがとうございます。運営者で元ブライダルスタッフのRyoです。結婚が決まった親戚や友人から多く寄せられる相談として「結婚式場って決め手は何なの?」など、式場を選ぶポイントがあ ...

5

こんにちは!本当は結婚式なんてパーティ形式でやれば良いじゃん。と思っていた新郎です。 人生で一番無駄な出費は結婚式と言われているのをご存知ですか? とは言え、式場で勤めていたので結婚式の良さも凄く分か ...

6

「ご祝儀貰うくらいなら、結婚式も二次会みたいに会費制にしたら楽なのに・・・。」と思ったことありませんか? 自己負担金も少ないですし、ゲストの人もご祝儀みたいに大金を包まなくて済みます。まさにwin-w ...

-写真, 披露宴
-

Copyright© プチブラ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.