結婚式もプチプライスで!元スタッフが教える結婚式情報Webマガジン。ブライダルの節約を中心に、マルチな結婚情報をお届けします。

プチブラ

結婚式場の契約方法 結婚式場の選び方

結婚式の見積もり交渉テクニック『100万円値引きにする6つの技』

更新日:

「結婚式に300万円は掛けたくない。値引きできないかな。」

「いくらなんでも結婚式って高すぎでしょ?!」

とお悩みのあなたへ。

今回はブライダルフェアで結婚式費用を値引きする具体的な交渉テクニックを6つご紹介します。

 

元結婚式場スタッフの私が結婚式を挙げる際に実際に使った交渉技になります。

基本的に結婚式は『高価な値段設定』をしています。

「やっぱり結婚式って高いね。そんなものかな。」

と納得してしまうと、家電を定価で買うように高い価格で結婚式を挙げることになります。

交渉次第では100万円値引きすることも可能です。

結婚式の値段に悩んでいるあなたは是非ともご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.夫婦のどちらかをワガママにして、決断を延ばす

格好を付けた夫婦

ウェディングプランナーはバリバリの営業マン。

あの手この手で成約を迫ってきます。

特に多いのが『即決を迫る』こと。

「今日この場で成約してくれたら安くしますよ。」

が決まり文句です。

なぜなら、結婚式場は競合店に客を奪われることを嫌うためです。まずは成約させて、そこから価格を上手に動かします。

しかし、見積もり時点で安くなれば後から価格をさらに下げることが可能です。

 

夫婦のどちらかをワガママな設定・こだわりのある設定にして決めかねるようにしましょう。

 

「あの披露宴会場なら決めたいんだけど、値段高いよね。」

のようにプランナーさん相手ではなく、夫婦のどちらかを相手に会話をすることでプランナーさんに価格の伝えやすくなります。

 

2.『結婚式の予算を決めてある』と伝える

あなたは結婚式の予算をどの程度に考えていますか?

その価格をプランナーさんに伝えてしまいましょう。

実はプランナーさんも値段が分かっていた方が交渉がしやすいんです。どの程度の結婚式を挙げたいのかが分かるためです。

予算を先に伝える1番のメリットとして、

『お得な結婚式プランの情報』

を教えてもらえる点があります。

  • 仏滅限定
  • 日曜の午後限定
  • 40名以下限定

など、色んな限定プランが結婚式場別に決められています。

該当すれば50~100万円安い結婚式を挙げることも可能です。

 

▼値引きに関する記事も読まれています▼

元式場スタッフが結婚式を100万円以上安くするために行った戦略

3.近くの競合結婚式場の噂をする

山奥の教会

ブライダルフェアで必ず聞かれる質問があります。

それが、

「別の結婚式場もご覧になりました?」

です。

近くの結婚式場の見積もりや内容を聞くことで、それ以上のサービスを提示しようと考えるためです。

ブライダルサイトの情報でも構いませんので、

「近くの結婚式場だとこのくらいの価格になりましたよ。」

と伝えましょう。

これだけで交渉がスムーズになります。

私も近くの結婚式場と競合させることで10万円相当のサービスを受けることができました。

 

4.プランナーさんの前で両親に電話をする

 

結婚式の料金は『両親ありきの設定』になっています。

みんなのウェディング調べによると、

61%の人が親から結婚式の援助を受けた

となっています。

そのため、結婚式場側も両親の存在を重くみています。親がNGで結婚式がキャンセルになるパターンも多いためです。

ブライダルフェア時に両親へ電話をして相談するだけで交渉がスムーズに進みます。

親と事前に相談しておいて、プランナーさんに電話応対を交代することもアリです。

 

5.細かな値引き・持ち込みを交渉する

ブライダルフェアでは結婚式に必要な様々なものを見せてもらえます。

  • ウェディングドレス
  • ブーケ
  • 余興、演出
  • 会場
  • 料理、ケーキ

プランナーさんも「どこかで値引き交渉される」と分かっています。

なので、値引きに関してはOKを貰いやすいです。

大きなものの値引きは限界がありますが、細かなものはプランナーさん個人の判断で値引き・持ち込みの許可が貰えることがあります。

特にオススメは、

  • 引き出物
  • ブーケ
  • 装花

の3つ。これが持ち込みOKになると30万円以上節約することができます。

特に引き出物はネット販売だと半値近い価格で注文できます。ブライダルフェアで必ず交渉しましょう。

私は引き出物の半分だけネット注文OKになりました。

6.その結婚式場で結婚式を挙げた人を探す

 

結婚式をもっとも安くする方法が『人の紹介』です。

その結婚式場で友人が結婚式を挙げていただけで20~30万円分のサービスがプラスされます。

私は最大で100万円値引きを見ました。

近しい友人で無くても構いませんので、狙っている結婚式場で結婚式を挙げた人を探しましょう。

あなたがその結婚式に出席していた場合、特に割引率が高くなります。

担当されたウェディングプランナーさんの名前を出すとさらにプラス。

 

▼人の紹介に関する記事はこちらも読まれています▼

友人からウェディングプランナーを紹介してもらう3つのメリット

まとめ

結婚式の交渉って難しいんですよね。

それぞれの価格が分からないから「そんなものか。」と納得してしまうためです。

350万円の見積もりなら300万円まで値切ることは可能です。

上手に交渉すれば250万まで値引きできます。

そのためにもブライダルフェアの時点で値引きする方法を考えておきましょう。

逆にブライダルフェアに参加せずに予約するのは「いいカモ」です。お気をつけて。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

節約できるブライダルサイトランキング

 数あるブライダルサイトの中から

  • キャッシュバック率
  • 結婚関連の情報量
  • ブライダルサイトとしての伸び率

に注目してランキング付けしました。結婚式場選びにお悩みなら、以下のブライダルサイトが便利です。

マイナビウエディング

マイナビウエディング

最大35,000円のキャッシュバック+直前プラン、パッケージプラン等で節約結婚式を挙げられるブライダルサイト。関東限定と言うデメリットがありましたが、東海・関西・北海道でもオープンしました。今、伸びているブライダルサイトだからこそサービスも充実しています。

Hanayume

 最大33,000円のキャッシュバック。Hanayumeを経由した成約で結婚式の価格が最大50%OFFになるなど、大手ならではのサービス力が魅力。和装特集・マタニティウェディングなどニーズ別の特集も多く、あなたにピッタリな情報が見つかります。

楽天ウェディング

 楽天ウェディングで結婚指輪・新婚旅行も依頼すれば、50,000ポイント以上の楽天ポイントが貰えます。キャッシュバック率は他のブライダルサイトより上。ただし、全てを楽天で決める必要があるため『楽天のみ』にするかどうかが分かれ道。

おすすめ記事

1

「結婚式場をどうやって探そう・・・。そうだ!ブライダルサイトを使ってみよう!」 と思うまでは良いのですが、今度はブライダルサイトの数が多すぎてどこを利用すれば良いのか分からなくなりますよね。それぞれ独 ...

2

結婚式を挙げたいけどお金はあまり使いたくない。その気持ち分かります。結婚式の平均予算はおよそ300万。自己負担金は100万円です。100万円あれば生活資金の足しになります。 しかし、結婚式ほど金額の変 ...

3

ブライダルもプチプライスの時代に! 突然ですが、結婚式の費用に頭を抱えていないでしょうか。結婚後はお金が掛かります。引越し+新婚旅行だけでも100万円以上の出費になります。安心した新婚生活を送る為にも ...

4

いつもプチブラをご覧頂きありがとうございます。運営者で元ブライダルスタッフのRyoです。結婚が決まった親戚や友人から多く寄せられる相談として「結婚式場って決め手は何なの?」など、式場を選ぶポイントがあ ...

5

こんにちは!本当は結婚式なんてパーティ形式でやれば良いじゃん。と思っていた新郎です。 人生で一番無駄な出費は結婚式と言われているのをご存知ですか? とは言え、式場で勤めていたので結婚式の良さも凄く分か ...

6

「ご祝儀貰うくらいなら、結婚式も二次会みたいに会費制にしたら楽なのに・・・。」と思ったことありませんか? 自己負担金も少ないですし、ゲストの人もご祝儀みたいに大金を包まなくて済みます。まさにwin-w ...

-結婚式場の契約方法, 結婚式場の選び方

Copyright© プチブラ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.