その他の節約方法

バルーンリリースの値段・費用は高額!メリット・デメリットを解説します

バルーンリリースの値段、費用

「バルーンリリースの値段・費用ってどのくらいなんだろう。代わりにできそうな演出も分かれば比較できて嬉しい。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めばバルーンリリースの値段と費用、代わりにできる演出が分かります。

 

元ブライダルスタッフのRyotaです。私の式場ではバルーンリリースを推薦していました。というのも価格の高い演出で利益率がよかったんですよね…。

 

当記事の内容はこちら

  1. バルーンリリースの値段・費用について『自分で用意も無理』
  2. バルーンリリースをするメリットとデメリット
  3. バルーンリリースの代わりにできる演出について

 

バルーンは安いんです。問題なのは『ガス』。自分で用意するのも大変だし、バルーンを膨らますのも人件費がかかるんですよね。

でも写真映えは最高です。だからバルーンリリースと同じく写真映えのいい『フラワーシャワー』をおすすめします。造花にすれば2,000円でできちゃう演出なので。

それぞれ詳しく解説しますね。

SPONSORED LINK

1.バルーンリリースの値段・費用について『自分で用意も無理』

バルーンリリースの値段、費用について

バルーンリリースの値段、費用について

一瞬で終わるのに高額な演出の1つです。

私の勤めていた式場ではバルーン1つ700円。50名だと35,000円でした。

新婦ちゃん
高すぎ!そんなになんです?!
そうなんですよ。人件費もかかりますからね。
Ryota

もちろん式場によって値段は変わります。その点はご了承下さい。

値段:費用:1つ700円。50名で35,000円

高いのは風船じゃなくて『ヘリウムガス』。

楽天で35㍑のガスボンベを買うと1つ2,100円です。35㍑のガスボンベで膨らませられる風船は4.5個。

45個風船を膨らませるのに10本。21,000円かかりますよね。

風船50個を膨らませるって一瞬じゃ無理です。でも早めに準備するとガスが抜けます。当日に一気に準備しないとダメなんですよね。

だから人件費もかかっちゃいます。

バルーンリリースを自分で用意するのは難しい

  • ガスボンベが高い
  • 自分で風船を膨らませる時間がない

上記のとおりです。

だからバルーンリリースは価格が高い演出の1つなんですよ。

2.バルーンリリースをするメリットとデメリット

バルーンリリースのメリットとデメリット

バルーンリリースのメリットとデメリット

メリットはオシャレなこと。

やっぱり青空にカラフルなバルーンの写真って幸せムード全開です。写真映えしますよね。

デメリットは価格と天候に弱いこと。

風の強い日は無理なので4月もおすすめしません。

メリット:写真・インスタ映え

バルーンリリースは写真映えする

バルーンリリースは写真映えする

広角で新郎新婦+ゲスト+式場の全てが入った写真が撮影できます。

新婦ちゃん
ガーデンっていうのもいいですよね。
そうなんです。ガーデンでできる演出って多くないんですよ。
Ryota

特に2F建てゲストハウスだと写真映えしますね。上の方からバルーンリリースする直前の写真を撮影できますから。

デメリット:価格が高い・天候に左右される

風の強い日は上手に風船が飛ばない

風の強い日は上手に風船が飛ばない

既にお話したように高額です。

しかもバルーンリリースって一瞬で終わります。式場が上手に盛り上げてくれるものの、10秒で終了。思い出に残りにくいです。

もし、新郎新婦用の大きなバルーンを追加するのなら7万円になります。7万円あればタワー式のウェディングケーキや披露宴での生演奏音楽を追加できちゃいますよね。

ゲストは風船を撮影するため、バルーンリリース中の新郎新婦の姿は見ていません。これも残念ポイントの1つ。

大雨・台風・雪・大風は注意

バルーンリリースは青空だから美しいんです。曇りだと写真も悪くなります。

最悪なのは雨と雪。もちろん中止になります。

代わりに披露宴でのバルーンサービス(キャンドルの代わりに大きなバルーンを割る演出)となりますが、これには5万円も払う価値はありません。披露宴内ならキャンドルサービスや光を使った演出の方が盛り上がるからです。

※専門式場やレストランウェディングでは会場が狭いため、バルーンリリースができないこともあります。

3.バルーンリリースの代わりにできる演出について

写真映えならフラワーシャワーが安い

写真映えならフラワーシャワーが安い

以下の3つがおすすめです。

  • バブルシャワー
  • フラワーシャワー
  • ライスシャワー

バルーンリリースは『写真に残すと素敵な演出』です。同じように写真映えする演出にすれば問題ありません。

フラワーシャワーは造花にすれば2,000円で準備可能。多少の風でも問題ありません。

しかも写真撮影シーンが何度もあります。プロのカメラマンでもバルーンリリースの写真撮影って難しいんですよ。思うような写真が残らないことだってあります。

フラワーシャワーなら間違いなくベストな写真が数枚あります。

こだわりがないのならフラワーシャワーにしましょう。

▼造花のフラワーシャワーはこちらが格安▼

▼余興・演出を節約する方法まとめはこちら▼

結婚式の余興を費用予算格安
結婚式の余興を費用・予算格安で実現する7つの方法『簡単+節約』

続きを見る

まとめ:バルーンリリースは難しい演出です

バルーンリリースって定番な感じするじゃないですか。天候に左右されるし値段も高め。しかも一瞬で終わります。

バルーンリリースの写真が欲しいんじゃなければ別の演出にすることをおすすめします。特に『中止の確率が高い』のが残念なので…。

 

以上、『バルーンリリースの値段・費用は高額!メリット・デメリットを解説します』という記事でした。

 

誰でも簡単に結婚式を節約する方法はこちらです。

関連記事 結婚式の節約ポイントが丸分かり!元スタッフが教える8項目

 

人気記事 結婚式場探しランキングベスト5/高キャッシュバック率のブライダルサイト

SPONSORED LINK

節約できるブライダルサイトランキング

 数あるブライダルサイトの中から

  • キャッシュバック率
  • 結婚関連の情報量
  • ブライダルサイトとしての伸び率

に注目してランキング付けしました。結婚式場選びにお悩みなら、以下のブライダルサイトが便利です。

マイナビウエディング

マイナビウエディング

業界最大級のキャッシュバック+直前プラン、パッケージプラン等で節約結婚式を挙げられるブライダルサイト。関東限定と言うデメリットがありましたが、東海・関西・北海道でもオープンしました。今、伸びているブライダルサイトだからこそサービスも充実しています。

Hanayume

ハナユメにしか掲載されていない『ハナユメ割』が満載!お得なキャンペーンもいつも開催されています。

チェックすることで『タイミング良くお得なプラン』に申し込める可能性が高いです。要チェック。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

元ブライダルカメラマン。現マーケティング業。豊富なブライダル関係の知識を活かして結婚式を節約する方法をご紹介しています。私も100万円安く結婚式を挙げています。『元スタッフ』だから伝えられるアレコレを紹介。 ⇒ 詳しいプロフィール

-その他の節約方法
-

Copyright© プチブライダル , 2019 All Rights Reserved.