婚約・新婚生活

結婚後の苗字変更で必要な手続きまとめ/最初にやるべきなのはコレ!

結婚後の苗字変更

「結婚後の苗字変更って何をしたらいいんだろう。色んな手続きが必要なのはわかるんだけど、何から順にスタートすればいいのか教えて欲しい。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば結婚後の苗字変更で必要な手続きがわかります。

 

元ブライダルスタッフで結婚3年目のRyotaです。苗字変更って優先順位があるんですよ。これを間違えちゃうと面倒なことになります。

 

当記事の内容はこちら

  1. 結婚後の苗字変更で必要な手続きまとめ/最初にやるべきなのはコレ!
  2. 結婚後の苗字変更で優先したい内容

 

まずは認め印・銀行印の作成です。これがないと色んな手続きができません。その後は運転免許証

その後は家族プランがある『スマホ』や『ネット関係』『クレジットカード』など、身近なものから苗字変更をしていきましょう。

それぞれ解説します。

▼新婚・結婚式前の情報はこちらでまとめています▼

結婚したらやること情報のまとめ
結婚したらやること情報のまとめ/手続きから実生活の裏話まで解説

続きを見る

スポンサーリンク

1.結婚後の苗字変更で必要な手続きまとめ/最初にやるべきなのはコレ!

結婚後の苗字変更で優先順位の高いもの

結婚後の苗字変更で優先順位の高いもの

以下の2つです。

  1. 印鑑の作成
  2. 運転免許証の更新

この2つがないと各種手続きが不便なんですよね。印鑑に関しては『ゴム印じゃダメ』ですし、もちろん旧姓の印鑑は使えません。

新婦ちゃん
なるほど…。やることが一杯過ぎてわかんなくなってました。
後は1つずつゆっくり終わらせていけば大丈夫。まずはこの2つからです。
Ryota

① 印鑑の作成

通販で作った印鑑

通販で作った印鑑

作るのは銀行印と認め印の2つです。違った印鑑の方が安心なのでそれぞれ別で用意しましょう。

銀行印は銀行で届け出します。認め印は特に届け出は必要ありません。シャチハタのようなゴム印は使えません。

新婦ちゃん
でも印鑑ってどこで作れるんでしょう…。
通販でもちゃんとしたの作れます。イオンにもお店入ってますよね。
Ryota

私が通販で作った銀行印はこれ。

通販で作った印鑑の中

通販で作った印鑑の中

2,000円くらいで作れます。格安ですね。

定番は『ハンコヤドットコム』さんです。この機会に長く使える丈夫なものを作りましょう。銀行印と認め印セットで5,000円くらいで上質なのが作れますよ。

実印については後で大丈夫

実印も一緒に作れ!みたいな意見を見かけます。実印って使う場面が限られますので、使う時に作ればいいですよ。

我が家は家を建てる時に作りました。実印は大切なもの。早めに作って家に置いとくってリスクもあるように感じたんですよね。

ちなみに車を買う時に実印はいりませんでした。ご参考まで。

② 運転免許証の更新

運転免許証の更新

運転免許証の更新

住民票を持って運転免許証の更新をしましょう。

新婦ちゃん
そうですよね。どこでも提出が求められますし。
銀行とか色んな場面の手続きで面倒がなくて済みます。
Ryota

保険証とかの提出でもOKなんですが、たまーに『免許証は?』って言われるんです。もう運転免許証での対応にスタッフさんが慣れちゃってまして…。

それで1回だけ面倒があったんですよ。

ゆうちょで名義に手続きをしてた時に運転免許証の提示を求められました。保険証を出したところ、『運転免許証をお願いしたんですけど。』って叱られたんですよね。

(それは上司が出てきて謝ってくれました。こういうのがあるので注意してください。)

なので最初に運転免許証。おすすめです。他の優先事項についてもお話しておきますね。

2.結婚後の苗字変更で優先したい内容

結婚後の苗字変更で優先したい内容

結婚後の苗字変更で優先したい内容

以下の3つです。

  1. スマホプランの変更
  2. 銀行・クレジットカード
  3. パスポート

生活に関わってくるものから順に進めましょう。最終的には全部変更しないとダメなんですけどね。

※特にパスポート。戸籍謄本が必要なものの、婚姻届提出後は1~2週間ほど手続きのため発行してもらえません。新婚旅行に間に合わせるよう気をつけましょう。

以下のインスタも参考になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

「結婚して苗字が変わったら何をしたらいいんだろう?」 そんな疑問にお答えします。 変更手続きが山ほどありますよね…。 まずは印鑑を用意。 印鑑がないと手続きもできません。 最初は運転免許から更新します。 これで身分証明ができるんで、色んな手続きが楽になりますよね。 その他の手続きについてもまとめました。 どうぞご覧ください! 新婚情報、結婚式をお得に挙げる情報はプロフィールからブログでさらに詳しく紹介中です! @ryota_bridal

Ryota | 元ブライダルカメラマンが教える節約婚さん(@ryota_bridal)がシェアした投稿 -

① スマホプランの変更

家族割が適用される可能性があります。

ポイント

例えばauだと家族割®があります。

何と基本使用料25%OFF、家族間の通話料30%OFF、さらに家族間のSMS(Cメール)が無料になるサービス。

私はワイモバイルの家族割を使ってます。

参考 ワイモバイル 家族割引サービス

お得になるなら1日も早く適用させた方がいいですよね。この手続きにも運転免許証のコピーなどが使えます。

② 銀行・クレジットカード

名義変更しないと『更新されない恐れ』があります。

注意ポイント

  • 新しいクレジットカードが届かない
  • 不正利用を疑われる
  • 銀行の口座名とクレジットカードの名義が不一致なので引き落としされない

今なんてキャッシュレス社会。クレジットカードでの支払いが普通ですよね。これが滞っちゃうと後で困ります。

銀行とクレジットカードはいち早く切り替えましょう。

③ パスポート

新婚旅行で関わってきます。

注意ポイント

  • パスポートの発行には戸籍謄本が必要
  • 婚姻届提出後、書類に反映されるまで1~2週間必要
  • 新婚旅行までの日取りによっては間に合わないかも

私も別書類だったんですが、即日『発行できる』と思ってたんです。婚姻届提出すればもう苗字が変わるよねってイメージ。

そしたら違ったんです。反映されるまで時間がかかるんです…。何度も市役所に足を運ぶとかありました。

まだパスポートを持っていないのなら早めに作成。籍を入れる前に新婚旅行に行ったほうが安心かもしれません。それも含めて検討してくださいね。

まとめ:結婚後の苗字変更は優先順位をつけましょう

結婚後の苗字変更は印鑑の作成・運転免許証の変更からスタートします。

次は銀行・クレジットカードの名義変更。コレをしないと引き落としがされなかったりで大変です。生活に関わる部分から徐々に変更していきましょう。

 

以上、『結婚後の苗字変更で必要な手続きまとめ/最初にやるべきなのはコレ!』という記事でした。

 

スポンサーリンク

先輩花嫁に選ばれているブライダルサイト

豊富な知識と『特典・限定割引・人気度』に注目。

ブライダルサイトはたくさんありますが、ここはチェックすべき!というサイトをまとめました。

悩んだらこちらのブライダルサイトから予約しましょう。それだけでお得になります。

Hanayume(ハナユメ)

ハナユメにしか掲載されていない『ハナユメ割』は要チェック!
その結婚式場の余裕ある時期に結婚式を挙げることで100万円お得になることもあります。

ハナユメデスクの選任アドバイザーさんは結婚式場の見学もしています。豊富な知識量で、どういう質問をしても大丈夫。

パパママ婚・マタニティ婚についても自信を持ってオススメできる結婚式場を紹介してくれます。

マイナビウエディング

マイナビウエディング

業界最大級のキャッシュバック+直前プラン、パッケージプラン等で節約結婚式を挙げられるブライダルサイト。

関東限定と言うデメリットがありましたが、東海・関西・北海道でもオープンしました。今、伸びているブライダルサイトだからこそサービスも充実しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

元ブライダルカメラマン。現マーケティング業。豊富なブライダル関係の知識を活かして結婚式を節約する方法をご紹介しています。私も100万円安く結婚式を挙げています。『元スタッフ』だから伝えられるアレコレを紹介。 ⇒ 詳しいプロフィール

-婚約・新婚生活

Copyright© プチブライダル , 2019 All Rights Reserved.